永代供養墓に入り永代の安らぎを

  • 永代供養墓に入り永代の安らぎを

    • 最近永代供養墓の契約をする人が増加しています。

      少子化、高齢化、核家族化が進行してきた結果、先祖代々のお墓を維持出来ない人が増えたからです。


      また、子孫に迷惑をかけたくないと考える人や、永代供養墓に入るほうが、先祖代々の墓に入るより長く供養してもらえる可能性が高いと考える人もいるようです。


      一般的な永代供養墓は、他の大勢の人のお骨と一緒に納骨されて、後から改葬の為に取り出そうとしても個別に取り出す事は不可能になります。

      屋外型では、納骨スペースの上に仏像やモニュメントを配し、入っている人の俗名を刻字した石版を置くというスタイルが多く見受けられます。

      屋内型では、納骨堂を中心に礼拝施設などを付けたものなどが一般的な様です。

      神奈川の永代供養についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

      特徴は一般のお墓に比べると、格段に料金が安い事、お墓の管理や供養は寺院や霊園が永代に亘って行ってくれるという事、子孫に迷惑をかけなくて済むという事、宗旨、宗派に関係なく契約できる事などです。

      明日に役立つAll Aboutの有益な情報のご紹介です。

      稀に管理寺院と同じ宗派に入る事や檀家になるのを条件とする所もあるようです。



      供養の回数は春彼岸、お盆、秋彼岸と年に三回程度行われる所が多い様ですが、毎日供養する所や、一定期間の間は、個別の命日にも行われるところなど様々です。最近は需要の増加と共に多様化し、一定期間は個別の骨壺で安置したり、永代に亘って個別に安置する所や、一般のお墓を永代供養墓として管理、供養してくれる契約などもあるようです。それぞれのライフスタイルに合ったものを探す事ができそうです。

  • 葬儀コラム

    • 近年は価値観の変化にともなって、さまざまな形の供養の仕方が選べるようになってきました。樹木葬という形もその一つです。...

  • 身に付けたい知識

    • 最近は終活が一般的になりました。終活は自分がいなくなる前にやるべきことをやることです。...

  • 初心者向き葬儀

    • 樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標とし、その根元に遺骨を埋葬して弔うことを言います。散骨などの自然葬と混同される事もありますが、樹木葬はあくまで墓地区画内の樹木を墓標としたお墓であり、通常のお墓と同様に埋葬許可証が必要となります。...

  • 葬儀入門

    • 墓じまいとはお墓の処分のことで、お墓の解体、撤去を行うことを言います。少子高齢化社会において、墓を継いでくれる人がいない、墓はあるが管理する人がいない、いても遠方に住んでいるのでお墓参りが難しいなどの理由で行われることが多いです。...

top